脊柱菅狭窄症の改善について

脊柱菅狭窄症でお悩みの方へ

足や腰が痛む女性

下半身に痛みが出る症状には様々なものがありますが、その中の1つに、脊柱管狭窄症というものがあります。以下の症状でお悩みの方は、脊柱菅狭窄症の可能性があります。しっかりと治療を受ける必要性がありますので、当院までご相談ください。

  • 散歩や買い物で歩いていると、お尻から足が痛くなり、休まないと歩くのが難しい
  • しばらく休む・座る・しゃがむと楽になり、また少し歩けるようになる
  • 歩行時、太ももの後側やふくらはぎの外側に痛み・しびれが出てくる
  • ブロック注射を受けたことがあるが痛くて嫌なので、できれば注射に頼りたくない
  • 病院でもらった湿布と痛み止めで様子を見ている

松戸・栄町整骨院は脊柱菅狭窄症のタイプに合わせ最適な施術をします

案内する女性

脊柱管狭窄症とは神経が圧迫されることによって、下半身に痛みやしびれがあらわれる症状です。脊柱菅狭窄症には「神経根型」「馬尾型」「混合型」の3つのタイプがあり、それぞれ圧迫される神経の場所が異なります。

①神経根型

脊髄に沿って走る神経は脊髄の末端部分から枝分かれしており、分岐する根本の部分を「神経根」と呼びます。この神経根が圧迫されるタイプが神経根型の脊柱菅狭窄症です。神経根は主に足につながっているため、神経根型では、圧迫された側の腰から足裏にかけて、痛みやしびれなどの症状があらわれます。長時間の歩行や立ちっぱなしでいることによって痛みが強くなります。

②馬尾型

脊髄の末端で神経が馬の尾の様に束になっている部分を「馬尾」呼び、ここが圧迫されて発症するのが馬尾型の脊柱菅狭窄症です。神経根型はどちらか片側に症状があらわれるのに対し、馬尾型では両足に痛みやしびれが出ます。また、痛みだけではなく、お尻周りに冷たさや熱さを感じる、足の裏がジリジリとしびれるといった異常な感覚があらわれる場合もあります。症状があらわれる部位が一定ではなく、時間とともに変わるのも馬尾型の特徴です。

③混合型

神経根と馬尾がどちらも圧迫されてしまうタイプを、混合型の脊柱菅狭窄症と呼びます。痛みやしびれに加え、神経根型の長時間歩くことができない症状と、馬尾型の異常感覚の両方があらわれます。また、重症化した場合には、排尿や排便が困難になることもある、最もやっかいなタイプの脊柱管狭窄症です。

当院では患者様の脊柱菅狭窄症が、どの型であるかをしっかりと見極め、適切な治療を行うことで、症状を解消します。

脊柱菅狭窄症は、歩行という人間にとって非常に重要な動作に影響を及ぼしてしまう症状です。そのため、日常生活のあらゆることに支障をきたしてしまいますが、しっかりと治療を行って症状が解消されれば、仕事にも集中して取り組むことができるようになり、気楽に散歩も楽しめるようになるでしょう。

脊柱菅狭窄症が起きる原因について

骨盤

脊柱菅狭窄症の原因のひとつに、年齢によるものがあります。脊柱管狭窄症は50代以降に発症する人が多く、年齢が高くなるほど、発症率は高くなります。70歳を超えると、2人に1人が脊柱管狭窄症を患うとも言われています。

また、日常生活で同じ姿勢を続けることも、脊柱菅狭窄症の原因となります。この様な方々は骨盤が歪んでいたり、ぎっくり腰を経験したりしていますが、いずれもしっかりと治療していないケースが多く、そこから脊柱菅狭窄症を発症していることが多いのです。

脊柱菅狭窄症の改善には全身へのアプローチが重要

脊柱の施術風景

松戸・栄町整骨院では、時間をかけて丁寧にカウンセリングと診察を行い、患者様の脊柱菅狭窄症の型を見極め、最適な治療プランを立てていきます。施術にあたっては、電気治療やマッサージといった一時的に症状を緩和するだけのものではありません。

骨盤と背骨を矯正し、全身のバランスを正常化させる方法を採用しているため、根本から症状を改善することができます。

当院の施術によって改善効果を実感された患者様は、全体の90%以上にものぼり、中には杖をつきながらご来院された方が1回の施術で、杖無しで歩けるようになることもあります。脊柱菅狭窄症による脚の痛み・しびれにお悩みの方は、ぜひ松戸・栄町整骨院までご相談ください。

施術をうけた皆さまからの
喜びの声をほんの一部ご紹介

腰痛で腰が固まる症状が改善されました!整形外科の先生よりも詳しく話を聞いてくれました!真面目で患者の悩みに耳を傾ける切実な先生です

治療4回ですが、腰をのばして歩けるようになりました。

松戸市古ヶ崎にお住まいの志賀さん(53歳・主婦) chat

松戸市古ヶ崎にお住まいの志賀さん(53歳・主婦)

どのような症状でおこまりですか?

2014年秋より半年ほど脊柱管狭窄症で整形外科にかよいました。2015年4月頃より急に右足のつけ根が痛みだし両足つま先がしびれ、太ももがねじれる様にひきつりだしました。

整形外科での治療は何をやりましたか?

整形外科でMRIをとり椎間板ヘルニアだろうということで腰にブロック注射をし痛み止めをもらい帰宅しました。2015年4月より5月中旬まで痛み止めをのみましたが、ぜんぜんきかず、腰もまがってきて家事が出来ず大変困りました。

当院をどの様に知りましたか?

以前、菅先生に治療していただいていたことを思い出し治療をお願いしました。

当院での治療を受けての感想は?

治療がはじまりまだ4回ですが、腰をのばして歩けることが出来る様になりました。あのまま痛み止めを飲み続けていたら、どうなっていたかと思うと、先生には感謝するばかりです。

※施術効果には個人差があります。

あなたの不安を少しでもやわらげるために割引クーポンをご用意

初回割引キャンペーン

全額返金保証制度

スマートフォンのかたはボタンタップで発信!0120-386-332

営業時間
9:00~12:00
15:00~20:0015:00
~18:00

定休日:日曜・祝日

\1分かんたんネット予約/当日・24時間予約OK!